ヨーロッパ人画家の自宅を博物館として公開

ブリュッセル出身の画家ル メイヨールは、1932年から1958年までサヌールビーチに面した家で制作活動を行いました。モデルは、希代のバリ舞踊ダンサーであり彼の妻でもあったNi POLLOKです。美しいバリの風景をやわらかく豊かな色彩で描いたル メイヨールの作品は一見の価値あり。そのまま残された家具類は、今では立派なアンティークです。当時の生活ぶりも偲べる、小粒ですが上質な博物館です。

ル メイヨール博物館
ご予約・お問合せボタン