18世紀当時の文化を知る

バリ島東部には、多くの史跡が残っています。その中でもスマラプラ宮殿は最大のみどころ。湖に浮かぶパビリオンは18世紀に王宮の裁判所として使われていた建物です。当時の机や椅子もそのまま残された館内は臨場感たっぷり。また、スマラプラ宮殿で見逃せないのは天国と地獄を描いた素晴らしい天井画です。敷地内には、同時の王族の調度品を収蔵した博物館もあります。

スマラプラ宮殿(クルタゴザ)
ご予約・お問合せボタン