バリヒンズーの「母なる寺」

ブサキ寺院は、バリヒンズーの総本山としてもっとも重要視されている寺院です。規模もバリ島の寺院の中で最大。16世紀ゲルゲル王朝の時代に、王家の葬儀を行う寺院として指定を受けて以降地位を確立しました。現在ではブラフマ・シヴァ・ヴィシュヌのヒンドゥー三大神を祀る寺院を中心に、バリ島各地の寺院を包括しています。ブサキ寺院から望むご来光は、さながら神の降臨です。ぜひその目に焼き付けてくださいね。

ブサキ寺院
ご予約・お問合せボタン