世界遺産登録の美しい寺院

タマンアユンには、「美しい庭」という意味があります。ロータスの池に囲まれて大きなメルが林立するタマンアユン寺院の景観は、バリの中でも特に均整美が素晴らしいと評判です。1634年にメングウィ王朝時代の王によって建立され、現在は世界遺産に指定されています。境内には入れませんが、中庭をぐるりと一周する通路から塀越しに内部を見学することが出来ます。

タマンアユン寺院
ご予約・お問合せボタン