バリ島伝統の影の芸術

ワヤン・クリッはバリ島の伝統的な影絵。冠婚葬祭の様々な儀式で必ず演じられる重要な芸能でもあり、ダランによって命を得たワヤンによる、影の芸術です。伝統の影絵を演目とするオカ・カルティは、マハーバーラタの「生贄になったビマの物語」。デトヤ・バカという魔物によって苦しめれているエカチャクラ王国を救うため、アマルタ王国の第2王子であるビマが自ら魔物の生け贄として名乗りを上げ、困難を乗り越えて魔物と打ち倒すというあらすじです。観光ツアー中に一度は見ておきたい演目です。

オカ・カルティニ
ご予約・お問合せボタン