コウモリの棲む寺院

バリ東部にある寺院ゴアラワには、「コウモリの洞窟」という意味があります。その名の通り敷地内にある洞窟にはおびただしい数のコウモリが棲息しています。夕方になると大群で動き出すため、周囲は異様な雰囲気に包まれます。不気味な夜の住人といったコウモリのイメージとは裏腹に、バリで最も神聖な寺院の一つであるとされています。11世紀の初め、ジャワから来た僧侶ンプ・クトゥランが建立しました。

ゴアラワ
ご予約・お問合せボタン